テノックスの事業

テノックスグループは基礎工事の専門会社として、主に次のような事業を営んでいます。

  1. パイル工事、地盤改良工事、地盤補強工事の施工
  2. 鋼管パイルやコンクリートパイルの販売
  3. 土木建築コンサルティング全般

地震国である日本。主要都市の多くが水辺の軟弱地盤にあり、ビルの大型化、インテリジェント化、耐震性、免震性の強化、ビルの重量増さらに環境問題等に対応するため厳しい建築基準が要求されています。これらを支える基礎工事を受け持つテノックスは建築、土木等のエキスパートを揃え、安全・確実な施工管理のもと、いかなる工事条件に対しても十分に対応できる体制を確立しています。

これからのテノックス

基礎工事の分野では、「その時々の地形や地質により、同じ条件はまずない」と言われています。

テノックスグループはそんな課題をクリアするために、時代のさまざまなニーズを探り、土と基礎に関する豊富なデータを蓄積。それとともに、幅広いネットワークを活用して築き上げた技術力を核に、提案・解決型企業として積極的に挑戦し、新しい未来をひらく企業をめざしています。

具体的には、次のような戦略で経営基盤の強化に努めてまいります。

  1. コスト競争力の強化
  2. 差別化できる工法の開発・普及
  3. 新たな市場への参入
  4. 業務品質の向上
  5. 以上の4項目を実現するための人材育成

あわせて、コンプライアンスを徹底し、リスク管理を強化することにより、当社グループの事業を通じて「安心」「安全」を社会にお届けすることで社会に貢献できる企業体制を構築していきます。